片頭痛の痛み方には特徴がある|原因を知ることが症状改善に繋がる

男性医師

脈打つような頭の痛み

苦しむ男性

片頭痛は、血管拡張が原因であることが多いとされます。血管拡張は炎症や神経伝達物質で起こりますが、食事や睡眠を含めた生活習慣を見直すことで軽減・改善が期待されます。過度な運動は避け、良い食事と睡眠とストレス発散が大切です。

詳細を確認する

突然の痛みの理由

頭を抑える女性

片頭痛は辛いものです。過度のストレスや疲労、食生活の偏りなど、生活習慣の乱れが大きな原因になっていると言われています。対処療法だけではなく、原因を解明して根本的な治療を行うことが一番重要なポイントです。

詳細を確認する

意外なことがきっかけに

相談

知っておくと予防できる

片頭痛とは、原因不明の慢性頭痛で発作性に発症します。具体的には、頭の片側だけに起こり、拍動性で中等〜強度の頭痛が4〜72時間持続し、日常生活に支障をきたすもののことを指します。はっきりとした原因は解明されていないのが現状ですが、頭痛が発生する際に、脳の血管が拡張していることが明らかになっています。つまり、なぜ脳の血管が頭が痛くなるほど拡張するのかという点について原因不明だといえます。 チョコレートやワイン、紅茶といったアルコールやカフェイン含有食品などの摂取、睡眠不足などの生活習慣、温度や気圧の変化などの環境要因が、片頭痛を悪くさせる因子であると言われています。さらに、片頭痛の発作が起きた時は、目にする光の強度や身体を動かすことでさらに状態は悪くなることがあります。いわば、体の外部からの様々な形の刺激が、片頭痛を引き起こし、悪化させてしまうのです。食べ物や生活習慣、天気予報から得られる今日の天気を気にすることで、片頭痛の発作をある程度抑えることができると考えられます。しかし、重度の偏頭痛の場合、頭痛が辛すぎて、仕事や学校に行くことが出来ないというケースもあります。その場合は、一人で頭痛と戦うのではなく、頭痛外来といった専門の医療機関で治療するのが望ましいでしょう。

因子からおのずと分かる

片頭痛は実は女性に多く、男性の片頭痛患者に比べると約4倍もの人が発症していると言われています。片頭痛が女性に多く発症しているのは、その因子や原因を見ればわかります。嗜好品としてのチョコレート紅茶は女性に人気です。バレンタインデー近くになるとチョコレートが自分用や友達用に飛ぶように売れることからも明らかでしょう。また、ダイエットやアンチエイジングに良いと言われているのがナッツ類です。毎日少量を食べることが良いとされていますから、実践している人も多いのではないでしょうか。カフェインが入った食品(紅茶やコーヒーなど)を気分転換に飲んでいる、という人も多いでしょう。そして、もっとも大きく女性に特有な理由が月経です。月経前後はホルモンが分泌し月経の始まる準備や終わる準備をします。その際に放出されるホルモンの一部に身体全体の血管を収縮させたり拡張させるものがあります。そして、月経に伴う身体全体の変化も片頭痛の発作や悪化の原因となる身体への刺激となりえるのです。偏頭痛の治療には、痛みが発生した時の鎮痛効果のある薬と日頃から服用して、頭痛の発生を抑える効果のある薬が主に用いられます。どの薬が、自分の治療に適しているのか、きちんと見極める事が大切なのです。

辛い痛みから開放されよう

中年男性

片頭痛は脳の血管が拡張することで痛みを発症します。原因としては、ストレスや寝過ぎや女性ホルモンの変動等が挙げられます。急に痛みが来て辛い片頭痛ですが、痛みの予防法と対処法があります。その方法を知ることで改善したり、痛みを抑えたりすることができます。

詳細を確認する

耐えられない頭痛

カウンセリング

片頭痛が起こる原因には様々なものがありますが、毎日の生活習慣を変えることも予防法の一つです。対処法もしっかりと理解しておきながら、原因となるストレスや外的要因を減らしていくことが重要になってくるのです。

詳細を確認する

耐え難い痛みはなぜ起きる

婦人

片頭痛の耐え難い痛みは、脳の血管が拡張することで起きます。ストレスやさまざまな原因物質などの誘因も数多く、日頃から頭痛の起きにくい生活を送ることが大切です。医療機関を受診することが治療への早道です。対処療法よりも予防に力を入れることが理想の医療と言えます。

詳細を確認する