片頭痛の痛み方には特徴がある|原因を知ることが症状改善に繋がる

医療

辛い痛みから開放されよう

中年男性

知っておくべき痛みの元

急にズキズキと始まる片頭痛はとても辛いです。「片頭痛持ち」と言われる人はいつでも痛みに対処できるように鎮痛剤を持っている事が多いです。鎮痛剤は痛みを抑える効果はありますが、片頭痛の根本を治すものではありません。鎮痛剤を飲みすぎてしまうと、その鎮痛剤によって痛みを引き起こしてしまうこともあります。原因を知って根本から治療できる方法を探すことが一番です。片頭痛の痛みの原因は脳の血管が急激に拡張するために起こります。脳の血管が拡張する時というのは、心身のストレスから開放された場合が多いです。なので、仕事のない週末等に片頭痛が引き起こることも少なくありません。その他の原因には、寝過ぎや寝不足、女性ホルモンの変動もあります。女性ホルモンが原因となることから、片頭痛は女性が発症する確率が高いです。驚く事に空腹が原因となってしまうこともあります。また、光や音の強い刺激によって痛みが引き起こる事があるので片頭痛を起こしやすい人は出来るだけ強い光や音の鳴るような場所は避けたほうが良いです。

工夫して得られるメリット

片頭痛の原因が分かったら、この原因を取り除くような生活を送ることが大切です。その為には予防法を知っておくことは大きなメリットになります。まずは、自分の片頭痛が起こった時の記録を残しておくことが大切です。「人ごみへ行った」や「睡眠不足だった」のようにどのような条件の場合に起こりやすいかを知ると、そのような環境をできるだけ避けるように気をつける事ができます。また、寝過ぎも原因になっている為に週末の寝だめは避けたほうがよいです。寝過ぎると自然に空腹になってしまうので、二つの原因が重なってより痛みが強くなってしまうことがあります。最後に気をつける事としては、片頭痛を誘発してしまう食品の摂取を出来るだけ控えるという事です。誘発してしまう食品は、チョコレートやチーズ・ハム・赤ワインといったものです。知らずに食べていた人を覚えておくとよいです。しかし、気をつけていても痛みが引き起こってしまう事があります。そのような時は対処法を知っておくと良いです。まず一番は痛む部分を冷やす事です。血管が拡張して痛みを生じているので、冷やす事が大切です。また、暗くて静かな場所で休むことが大切です。痛みの早期には血管を収縮する作用のあるカフェインを含んだ飲み物を飲むと良いです。このように、予防と対処法を知ることで鎮痛剤の使用を控えながら片頭痛を改善することができます。