片頭痛の痛み方には特徴がある|原因を知ることが症状改善に繋がる

医療

耐えられない頭痛

カウンセリング

痛みが出たらどうする

片頭痛は脳内の血管が何らかの要因で拡張してしまい、それによって一番大きな三叉神経が影響を受けて痛みが生じることが原因だと言われていますが、詳しいことはわかっていません。片頭痛と同時に目がちかちかしたり、嘔吐や吐き気が生じることがありますが、これは視覚や聴覚、嘔吐中枢のある場所にも脳の血管の拡張が影響してこれらの症状が出てしまうと言われています。痛みが出た場合には、血管を収縮させる作用のある鎮痛剤や少量のカフェインを摂取して暗いところで安静にしておくようにします。片頭痛の原因が脳内の血管の拡張にあると言われているため、血管を収縮させることと視覚や聴覚などに出てしまった症状を軽減するために安静にしておくのが良いと言われています。どうしても何かをしなくてはいけない時には片頭痛の痛みがある方の首を冷やすようにします。首には脳に繋がる血管があるため、そこを冷やすことで血液も冷やされ血管が収縮します。また、こめかみを指で圧迫すると脳内への血流が少し抑えられるため、痛みの改善が期待できます。

根本からの治療を

これらの方法はすべて対処法です。片頭痛は痛みが激しく長時間続くことも多いため、日常生活ができないほど辛くなったり、寝込んでしまう人も少なくありません。原因を知り、その原因を改善していくことが重要です。片頭痛が起こる減員の多くは、ストレスだと言われています。仕事や人間関係など、緊張していた案件が片付いたらホッとしますが、それが血管の拡張に繋がり片頭痛につながると言われています。また片頭痛は女性に患者数が多いのですが、これは女性ホルモンの分泌量が変化することが原因です。生理のために毎月女性ホルモンの分泌量が大きく変化するため、女性に多い頭痛だと言われているのです。外的な要因としては、人混みや騒音、光なども症状が出るきっかけになります。普段は睡眠不足なのに、週末に長時間眠るなど、睡眠も片頭痛に大きくかかわっています。これらのことから、生活習慣を改善することが重要だと言うことがわかります。できるだけ考え込まないようにしたり、しっかりと睡眠を取るだけでも片頭痛の予防は可能になります。